« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

☆これがKitcheNさんのキハ125☆

Dscf3400_1 昨日ご紹介の KicheN さんから頒布していただいたJR九州キハ125のβ版です。 排気孔の位置が実車と異なるということで、超廉価で頒布していただきましたが、キハ11の排気は天井にあるので、製作の種車としてはまったく製作に支障はありません。

欄外に写っているのは、うちの秘蔵子バックマン社製の路面電車で、このキットとは関係ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆キハ11の停まる駅☆

Dscf3389_2 キハ11の走る高山本線は、くねくねと曲がって流れる飛騨川が刻んだ谷にそって上り、高山を目指します。 写真はそんな高山線の駅で、いかにも「山の駅」という風情の「白川口駅」です。Dscf3386_2 駅設備は2面3線のホームとなっています。

キハ11のほか、一日数本、特急ひだ号も停車します。写真でご覧のとおり、駅の裏はすぐに山、表も狭い駅前広場は国道41号線を挟んで目の前を飛騨川が流れます。

キハ11が完成したら、撮影用に作って見たいセクションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

☆KicheN キハ125 入場☆

津軽郡のKicheN様から、キハ125β版を購入しました。板状のキットですが、本製品に先行するもので、屋根上の排気管位置が間違っているということから格安で頒布されているものです。☆詳細は同社のHPをご覧下さい

当社では、同じ新潟鉄工シリーズのJR東海キハ11に組上げる予定です。

方向幕設置等顔のプチ整形、窓にプラ板を貼って新たに開けなおす、乗務員扉を設ける 等のボディー改造・・・でキハ11に変身させる予定です。

明日からは、キハ11の写真を撮りまくって、模型化の資料にします。完成は、これまた、いつになることやら・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

☆栗原電鉄M151タイプ 竣工☆

6月の着手以降、なかなか進まなかった栗原151(バス窓じゃないからタイプ)がやっと竣工しました。向かって左側が新潟交通のカボチャ電車、真中が鉄コレ第2弾の2000形、右側が栗原電鉄M151の3兄弟です。Dscf3376

カボチャ電車はクロスポイントのキットを素組したもの。M151は2000形の屋根上にあるランボードとベンチレーターを取替え、オデコのテールランプを削り落として骸骨形に取替えてから塗装をしたものです。したがって、真中が改造前、右が改造後Dscf3377となります。カボチャと栗原の顔、良く似てますね。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月20日 (日)

やっと塗装まで完了して一安心・・・。暑くて塗料はすぐに乾くのですが、マスキングがベトベトして車体にくっつき困ったもんです。車体はグリーンマックスの鉄道カラー・クリーム色をスプレーしました。

屋根にはカンダムM151peint2_3 カラーを、赤い部分は東急ハンズのPB商品でファイヤーレッドを使用しました。パンダは塗装時の取手の代わりに鉄コレ用が仮についています。

写真下部に写っているのは、新潟交通のかぼちゃ電車、栗原の比べると巾も広いですね。 2台揃ってまもなく竣工です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

☆栗原電鉄M151タイプ 鋼体完成☆

6月にパーツを購入してから、転勤だ~、乗鞍だ~、お盆だ~と理由をつけて作業中断の栗原電鉄M151。やっと鋼体が完成しました。・・・といっても、作業時間1時間でランボード、ベンチレーター、骸骨テールを付けただけですが・・・・。

後は塗装、中断せずに完成を目指します。屋根のカラーリングは引退直前の「紺Dscf3367_2Dscf3369_3 色」にしようかな・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

☆乗鞍写真アップしました☆

6月に撮影した乗鞍・畳平 乗鞍山荘の写真、ようやくアップできました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »