« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月24日 (日)

☆モ751のパン屋さん

P2 岐阜県本巣郡の親類にいった際、店内に電車が1両あるお店をみかけました。当日は所用があったため立ち寄ることなく通り過ぎました。

・・・で本日たずねて見ました。お店はパン屋さんでした。

明るい店内には谷汲線で活躍したモ751が鎮座しておりました。

P3 車内(お店)の様子です。

座席は取り外されて美味しそうなパンが並んでいます。いいにおいがします。

P1 運転室もそのまま残されています。

お店の名前は 手づくりパン歩絵夢(ポエム)といいます。

場所は岐阜県本巣郡北方町柱本にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

☆雄別鉄道 キハ49200Y製作・2

Dscf4507 キハ49200Yの屋根上にベンチレーターがつきました。

屋根上の配置がわかる写真を探すのは大変でしたが、諸先輩のサイトから見つけることが出来ました。(感謝 感謝)

Dscf4508 前から見た様子です。

写真をUPしてからセメダインが糸を引いてるのがわかりました・・・・(汗)

明日は屋根の塗装をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

☆雄別鉄道 キハ49200Yの製作にかかりました・・・

Yubetu01 先日竣工のキハ2100に床下機器を提供したため国鉄キハ20の車体が余剰になりました。また、ジャンク箱からも同じキハ20が出てきましたので2両のキハ20を切継いで合体させ何か作ることにしました。

保育社刊「私鉄の車両8 関東鉄道」の中で目を引いた筑波鉄道キハ761を作ることにしましたが、この車両は元雄別鉄道のキハ49200Yであり炭鉱閉山で筑波に譲渡されたとのことですので、オリジナルの塗装で作ることになりました。・・・ 台車は菱形枠台車とのこと、やっとアルモデルの鉄コレ用台車枠を見つけて購入しました。@700円!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆新造車両・萬鉄道で試運転

Yoro1 先日完成した小坂精錬キハ2100(タイプ)の試運転を行うために萬鉄道に出かけました。

写真は、キハ20と連結して快走するキハ2100です。

☆デジカメのメモリーを忘れて携帯で撮影したためこのような画像になりました。

Yoro2 下の写真は車両基地に留置中。手前の留置車両は昨年竣工の名鉄キハ30(ペーパー製)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

☆鉄コレ改造 キハ2100竣工

2 鉄コレ名鉄モ3700+モ2700から改造した小坂精錬鉄道キハ2100タイプの気動車がやっと完成しました。

実車は20メーターの堂々とした車両ですが、この模型は窓の間隔からショーティーとなってしまいました。

窓も種車の関係からバス窓ではありません。

3先ず、 種車を切断して4つのブロックを作ってから組み上げました。

床下機器はカトーのキハ20から移植しました。

4 サイドビューはこんな感じです。

5 上からパチ!!

6 以上、キハ2100タイプのお披露目でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

☆小坂タイプの床下塗りました

Daisya 昨日解体したキハ20から床下機器を移植した小坂精錬のキハ用床下を塗装しました。

先日の雪が残る庭でグレーを吹着付けてひとまず完了です。

Hina 部屋の中に入り、雛飾りの手伝いをしてこちらも完了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆小坂2100タイプ・床下機器作成

Yuka  完成が近い小阪精錬2100タイプの床下を作りました・・・。といっても今回はトレーラー仕様とするので種車の鉄コレ(名鉄モ3700)の床板に他の気動車の床下機器を移植することにしました。

 種車を探しに雪の降る木曽川堤防を下り、ポポンデッタ木曽川キリオ店に初めて赴き中古車両を物色。

 カトーのキハ20を400円也で発見し購入。即解体して床下機器を削ぎ落として鉄コレの床下に貼付けました。

Kiha2100_4 上の写真は貼付けの完了した床下。

下の写真右側はパーツを提供したキハ20の廃車体です。

完成した小坂は、別途購入したキハ20(動力付)に曳かせてデビューの予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

☆箱から出てきたGMの80系☆

80 クローゼットの奥深くにしまいこんだジャンク箱の中から、20年以上前に作った80系4両が出てきました。パンダは千切れて何処かに消え、台車の車輪もはずれ、車両も接着が悪かったのか箱になってないのがあったりという状態でしたが、最初から作るのに比べれば楽そうなので復活させることにしました。

ずいぶん気を入れて作った車で、当時勤務していたK有鉄道の本社で資料を調べたものですが、出来の方はイマイチです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »