« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月26日 (水)

☆可児 かたくり ③

1 鳩吹山北側に群生するカタクリ 3月26日現在の状況です。

満開になっています。

2ピンクのじゅうたんのようです。

3

アップするとこんな様子です。

4

快い春風に揺れています。

5 花弁が7枚ある花を見つけました。

今週末までが見頃でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

☆可児 かたくり 開花②

6_2 3月25日の開花状況です。 

朝、出勤前に立ち寄ると、開いていませんでしたが、どの株も花をつけていました。

2

午後1時、再び観察すると・・・・

3

一面ピンクの花を開いたカタクリが・・・

4

見渡すとこんな状態・・・

5

さらに・・・・

ご鑑賞はお早めに。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

☆可児 かたくり 開花 2008年3月

01 2008年3月22日現在の 木曽川下流域自然公園(可児市土田・鳩吹山北側)の「カタクリ」の開花情報です。

例年、庭のミツバツツジの花が開くと、群生地のカタクリも開化します。 ミツバツツジが開いたので早速公園に偵察に向かいました。

02 入口に近い群生地は咲き始めていました。

03

このように、まだ疎らです。このあたりもじゅうたんのようになります。

04 このようにパラパラと・・・

05 満開は来週の週末でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

キハ49200Y・その5(完成)

1 炭鉱閉山までがんばった山の気動車「雄別鉄道キハ49200Y」が完成しました。

種車はカトーの国鉄キハ20で、切継ぎして作りました。

2 種車と同じキハ20との連結です。床下器機はそのままですが、台車は菱形台車の台枠を接着しており、はみ出した感じが良くありませんが、技術力からこの辺りが限界です。

3 ピンボケですが、全体はこんな感じです。

4 先般作った小坂精錬鉄道のキハ2100とツーショットです。筑波鉄道にも小坂のキハとよく似た車両がいましたから、こんな様子の運転があったかも・・・?

5 次の作品準備として、琵琶湖のほとり、湖西線の建設で消滅した江若鉄道出身の臭~い気動車の型紙を起こしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

☆キハ49200Y製作・その4

9 台車の挿入が終わり走行テストをします。

10test なんとか動くようです。よかった!!!

11 車両の屋根塗装も済んでいるので、ガラスを入れて床下と合体すれば来週には完成の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆キハ49200Y製作・その3

1 雄別鉄道のキハ49200Yは車体が完成に近づき、床回りに取りかかりました。

カトーのキハ20からの改造です。

台車は車輪、キアなど全部外してから台枠を薄く削り菱形台車枠を接着しました。・・・一晩乾燥後に・・・

2 それでは、分解した台車の再組立てを開始します。

①先ず、車輪を並べます。(車軸のギアが台枠の下に出る向きになるように注意して・・・)

3dennkyoku

②車輪を並べたら集電用の銅板を置きます。・・・・変形しないように・・・

4syudenn ③集側の内側枠を挿入

5gia ④続いて、ギアの付いた枠を挿入

6 ここで文鳥のチイちゃんが訪れて作業中断!!

Photo ⑤台車2個完成。下は分解した順番にパーツを保管するのに愛用のサプリメントケース。

8 ⑥動力ユニット側の留金の片方を緩めます。(絶縁されてない方の螺子を緩めます。)

 その後、台車を入れて螺子を締めれば台車の取付けは完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »