« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月 5日 (水)

☆WMR88A 気象観測装置 セッティング中・・・

☆WMR88Aを稼働させました。

まず、コンソール・・・。センサーからのデータを受信して表示します・・・・が、表示までに時間を要しました。

マニュアルが読めんのだ・・・(英語だから)

最初に表示の設定を変更。内容は温度表示を華氏からセ氏(℃)に、風速をマイルからメートルに、雨量はinからmmに、気圧はinHgからhPaに、気圧については、高度補正で自宅の標高(120m)を入力して完成・・・

09

雨量計に乾電池を入れます。この作りでは横を水が流れるので大丈夫かな・・・

08

このマスが雨水の重量でシーソーのように動く回数をカウントして雨量をデータ化・・・・。基盤も剥き出しで浸水しそうです。蓋をかぶせると、見覚えのある雨量計になります。

06 07

各センサーに電池を入れ、起動させても最初コンソールBOXの風向風速の表示以外は「---」でデータを受信している様子がなく焦りました。

コンソールのリセットボタンを押してからサーチボタンを押すと受信を開始・・・・・

海外のYOUTUBEを見ると、電池入れたあとで、大げさな様子でリセットボタン押してます。これだったんだ!!

13

この子は、屋外の直射日光の当たらない壁面に取付けた、温度・湿度センサ。102秒に一回データ送信するので、LEDは102秒に1回点滅。不良品かと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

☆気象観測装置 WMR88A 準備中・・・・

☆先日USAから到着の観測装置WMR88A・・・・

各センサーは意外に小さく作ってありました。

これは風向・風速を測定するセンサー・・・・。おなじみの風見鶏とピンポン球を半分にしたような、風を受けて回るアレです。

10_3

アイホンと比べると小ささがわかります。・。

11_4

中に乾電池(アルカリ単3描×2)を入れてから同梱のアングルに差し込みます。

さっそく仮に屋外に出してみました。

12_3

雨量計のマスもセットしました。

13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »