ペーパー製車両

2022年1月29日 (土)

☆十和田観光電鉄の機関車・・・・⑥

☆制作記事を書いていた十和田の記事、諸般の事情により途中で中断してしまいました。(お詫び)

でも、機関車は完成しています。

色を吹いて、真鍮線で作った手摺が付いた状態の写真です。

同時進行の豊橋鉄道に在籍していた電動貨車(デワ)と一緒です。

Img_20210516_142304

その後、デカールをこしらえて貼り付け。十和田の複雑なパンタは手配できないので、パーツ箱にあった適当なパンタを搭載。ヘッドライトに銀色を、ガイコツテールにはエンジ色を色差し、排障器にもデカールでゼブラ模様を・・・

Img_20210601_231636 Img_20210601_231357

実車を模してトラを連結。なんとか雰囲気が地方電鉄らしく・・・

Img_20210601_231024

以前に制作した僚機と並べてみました。

これで、十和田の機関車は「完」であります。ありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

☆十和田観光電鉄の機関車・・・⑤

★サフェを吹いた車体を削り、滑らかにします。

ひと段落したところで、アルナイン製のガイコツテールとヘッドライトを取付けました。

  Img_20210325_162613

その後、手摺を取り付けましたが、今回は簡易に5mmのプラ棒を貼り付けました。

Img_20210327_151437

次は塗装です。

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

☆十和田観光電鉄の機関車を作る・・・④

☆キャブの屋根も被せて箱になったので、さっそくパンタを載せてみました。

 載せたのはPT42。プロットタイプの機関車は横向きに碍子がついており、形はまったく異なりまが・・・

Img_20210316_113814 Img_20210316_113832

架台部分です。形もできたので、全体の様子をみるために、サフェをかけました。

Img_20210317_1930561

接着剤のはみ出しとか、切り抜き後の凸凹とか多数あります。これから表面の処理作業です。

 

| | コメント (0)

2021年3月31日 (水)

☆十和田観光電鉄の機関車を作る・・・③

★ボンネットが立ち上がったので、キャブの作業へと進みます。

Img_20210314_1817301

妻の部分を差し込んで木工ボンドで接着します。

Img_20210314_182322

前後の妻部分が接着できました。

Img_20210314_1831481

後、屋根を被せれば箱になります。

Blog-icon_20210331001601 

| | コメント (0)

2021年3月28日 (日)

☆十和田観光電鉄 デキ ・・・②

☆着工した十和田の電気機関車です。まず、Visioで6mmボンネットを短くした図面を描き、ケント紙に印刷。

それをデザインナイフで切り出しました。

Img_20210314_155147 

キャブとボンネットの側面、それに台枠は既に切り出した紙を貼り合わせてパーツ化してます。

面倒な切出しが終わり、あとはサクサクとプラモのように組立てていきます。

Img_20210314_160449

ボンネットの側面が立ち上がりました。この貼り位置がズレると車体が捻るので、慎重に工作します。

Blog-icon_20210328155101

| | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

☆十和田観光電鉄のデキなどを・・・

しばらく工作をしないと、資料とか材料の紙、角材、塗料などが何処かへ消えてしまって再開困難に!

USBを見ると過去に作ろうとして書いた図面が少し残っていました。

その中から、赤と白の十和田観光電鉄のデキを作ることに・・・・

Visioデータは、こんな感じです。

これは、1/150で描いてあり、動力の手配が可能なカトーBトレ用を使用するには、車体が若干長すぎ。

少しばかりショーティーにして作ろうと考えています。

車体が全体で6mmほど短くなります。Bトレですね。

Ed301_20210327174201 

  Blog-icon   

| | コメント (0)

2018年11月22日 (木)

★渥美のデキを作る・・・⑧  手摺の工作

☆車体の形も出来てきたので、手摺を付けることにしました。

  手摺は、ボンネットの前、キャブの車体の側面、乗降用のドアについています。
  先ずは、ボンネットの前から取り掛かります。

Img_1210

 0.4ミリの真鍮線を2本、中央の支柱として差し込みます。デッキより上に出る
  部分には予めメタルプライマー処理して白色を吹いておきます。その後、U字
  型の外枠を差し込んで手摺を形成します。

 下に出ている部分は瞬間接着剤が十分に乾燥してからカットしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

★渥美のデキを作る・・・⑦ デカール

☆制作中の渥美のデキ211、車体は数回の筆塗りが終わり、デカールの番になりました。

デカールは、ハガキサイズのレーザー出力用透明デカールを使用。

Visioで描画して出力。インクジェットと違い、乾燥不要、印刷面のコート不要とのことですが、

トナー落ち予防にコート剤を軽く吹きました。

ついでに、デキ401451用も作って貼付けました。糊の剥がれも良く、使いやすい用紙でした。

Img_1200

Img_1201

Img_1205

デキ211に貼った様子です。デキ451にも貼りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

★渥美のデキを作る・・・⑥ デキ211の塗装

☆制作中のペーパー製 渥美のデキ211・・・

サフェの後の表面処理も適当に済ませて、塗装を行いました。

塗料はGMのアクリル塗料。以前に豊橋鉄道の機関車を作った時の残りです。

西武アイボリーに総武緩行のあの黄色を混ぜて、筆塗りです。

写真は1回目を塗ったところで、この後2回塗りました。

Img_1193_2

隣りは、以前に作ったペーパー製のデキ451です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

★渥美のデキを作る・・・⑤

☆ヘッドライトも付け、ボンネット横のルーバーは大幅に省略して車体は完成。
早速、サフェを吹きました。
乾燥するとアラの目立つことこの上なく、溶きパテで埋めたり、ペーパーで表面を
削ったりして修正しています。

Img_20180826_152255

Img_20180826_152313

Img_1186

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧